現在トロ・ロッソにパワーユニット(PU)を供給し、F1を戦っているホンダですが、2019年からはレッドブルにもPUを供給することが発表されました!

2チームへの供給は2015年のF1復帰後で初!

トロ・ロッソはレッドブルのジュニアチームであり、2018年はピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーがトロ・ロッソF1のハンドルを託されています。そして2019年からは、ルノーと長年協力関係にあったレッドブルもホンダ製PUを搭載することになり、2015年のホンダのF1復帰後初となる2チームへのPU供給体制が築かれることになります。

画像: 第5戦スペインGP、最後尾から12位でフィニッシュしたB.ハートレー。 www.honda.co.jp

第5戦スペインGP、最後尾から12位でフィニッシュしたB.ハートレー。

www.honda.co.jp

開発スピードのアップが期待されますね!

F1に限らずすべてのレースでは、実戦で得たデータの蓄積を活かした開発が肝要となります。その観点では1チームよりも2チーム・・・と、PU供給先が増えることが有利になることは自明の理でしょう。ジュニアチームであるトロ・ロッソに加え、来期より新たなPU供給先にレッドブルが加わることは、ホンダにとってはシンプルにプラスになります。

画像: 第6戦モナコGPで7位に入賞したP.ガスリー(トロ・ロッソ)。現在ドライバーズランキングはP.ガスリーが11位、B.ハートレーが18位。そしてコンストラクターズランキングでトロ・ロッソは7位につけています。 ja.hondaracingf1.com

第6戦モナコGPで7位に入賞したP.ガスリー(トロ・ロッソ)。現在ドライバーズランキングはP.ガスリーが11位、B.ハートレーが18位。そしてコンストラクターズランキングでトロ・ロッソは7位につけています。

ja.hondaracingf1.com

さらにレッドブルは何度もタイトルを獲得した有力チームですから、彼らとの協力体制はより多くのフィードバックをホンダ開発陣にもたらしてくれることになります。レッドブル・グループとのパートナーシップがより強固になった、ホンダF1・PUのこれからの活躍に注目していきましょう!

This article is a sponsored article by
''.