学生さんの通学バイクとしても人気スクーター「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初※1となるハイブリッドシステムを採用した原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「PCX HYBRID」が9月14日(金)に発売※2されることが決定しました!

※12018年7月時点 Honda調べ
※2PCX HYBRIDは受注生産車です。PCX HYBRIDは「Honda 二輪EV取扱店」での取り扱いとなります

PCX HYBRIDは、2018年4月に発売したPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能が追加されました。これまでになかったハイテクスクーターの新登場です。

PCXがどんなバイクかもっと知りたい方は下記記事を読んで見てね!

エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーター※3を超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現!

また、走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定することができ、快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えが可能となりました。

画像: PCXがどんなバイクかもっと知りたい方は下記記事を読んで見てね!

「美しさと力強さ」をコンセプトに、先進性と上質感を追求したスタイリング

また、「PCX HYBRID」特徴はなんといっても流麗で伸びやかなフォルム!フロントからリアまで連続的に変化のあるボディー曲面で構成されています。

PCX HYBRID(パールダークナイトブルー)
カラーリングは、ハイブリッド車の先進性とプレミアム感を演出する、パールダークナイトブルーの1色です。

省電力に寄与するLEDを採用した灯火器類は、ヘッドライトのシグネチャーランプ(ポジションランプ)裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとするなど、先進性と上質感をさらに高めたスタイリングとしています。

これまでのスクーターの常識を塗り替えた最新PCXシリーズ。こんなに進化してくれると、生活がさらに快適になること間違いありませんよね。もう一度お伝えしますと、発売は9月14日(金)ですよ!通学・通勤用にバイク買い替えを考えていた方、または新しく欲しいと思っていた方はぜひチェックしてみてくださいね!

※3Honda 125ccクラス4ストロークエンジン搭載スクーター
※4enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です

販売計画台数(国内・年間)
2,000台
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
432,000円(消費税抜き本体価格 400,000円)
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

http://www.honda.co.jp/PCX/

This article is a sponsored article by
''.