フルカウル250ccスポーツの人気はもはや安定。でも、そんな流れの中でホンダのレブルがものすごい人気を博しています。人気の理由はカッコいいから? いえいえ、それだけじゃないんですよ!

カッコいい、だけじゃないのがレブル250

はじめて、という訳じゃないんです。でも久しぶりにレブル250に乗りました。

ざっくり1年半ぶりくらい?

改めて思いました。このバイクには、やっぱり非の打ち所がありません。

画像1: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

まずもう、デザインが最高!

カテゴリとしてはアメリカンクルーザーになるんだけれども、そんな分類なんて軽く無視していいくらいに新しいですよね。

シンプルでナローなスタイル。余計な飾りがほとんどない。

画像2: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

結局、本当にカッコいいバイクっていうのはシンプルなんだなぁって、レブルを見ていると思います。

でも、バイクって最終的には『見た目だけ』じゃダメなんですよね。

そこにレブル250っていうバイクが大人気の理由があるのだと思います。

画像3: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

そのひとつ。

小さなことかもしれないけど大事な『ライディングポジション』です。

実はレブル250って、跨ってみるとイメージよりもハンドルが遠い。

そのおかげでシートに腰掛けてハンドルを握ると……それだけですごく絵になります。

ライダーが跨ってるほうが、スタイルにまとまりが出るんです。

画像4: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

その“まとまり感”を作り出すのは、ガソリンタンクの搭載位置と角度でしょう。

さっきの跨った写真を見ればわかるんですけれど、身長176cmの男がステップに足を置いてもタンクがヒザで隠れない。

だから存在感が薄れないんです。

きっと人+バイクで完成するのがレブル250っていうバイクなんですね。

画像5: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

しかもシート高は690mmで両足もベッタリの安心感。

画像6: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

小柄な女性ライダーだって安心して乗れるレベルです。

車両重量も170kg(※ABS仕様車)しかなくて軽いから、停車時の扱いやUターンもラクラクです。

取り扱いの安心感っていう面では、同じ250ccでもフルカウルスポーツの3倍くらい扱いやすいんじゃないでしょうか……。

画像7: カッコいい、だけじゃないのがレブル250

軽くて乗りやすくて、走っている姿が置いてある時よりもさらにカッコいい!

これだけでも人気が出そうなんですけれど、でも、それだけじゃない。

レブル250がここまでの人気を得た理由は、他にあるんです。

This article is a sponsored article by
''.