フルカウル250ccスポーツの人気はもはや安定。でも、そんな流れの中でホンダのレブルがものすごい人気を博しています。人気の理由はカッコいいから? いえいえ、それだけじゃないんですよ!

レブル250は『エンジン』がスゴい!

レブルのエンジンって、元々はスポーツバイクのCBR250Rのエンジンがベースになっています。

画像1: レブル250は『エンジン』がスゴい!

スポーツバイクのエンジン特性をアレンジして、アメリカンクルーザーに搭載しているんですね。

そのアレンジ具合というか、パワー特性がすばらしいんですよ。

このエンジンの味付けを担当したエンジニアは若い人なんだけど、これは本当によくやったと思います。

画像2: レブル250は『エンジン』がスゴい!

最高出力は26馬力。

250ccのアメリカンクルーザーで単気筒エンジンだと考えれば充分というか、優秀な数値だと思います。

でも最高出力うんぬんよりも、低~中速域のピックアップがとにかくイイ!

元気さハンパないです!?

信号待ちからのスタートダッシュとか、時速30~40キロで走っている状態からの加速。

そういう時のパワー感がモリモリしてて、スロットルを開けた途端にババッ!と勢いよく走り出します。

この瞬間が気持ちいい!

街中での『よくあるシチュエーション』が全部楽しくなるんです。

これ、レブル250にしかないオモシロさのひとつなんですよ?

アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

画像1: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

あとはやっぱり、レブル250はどこまでいってもホンダ車だっていうこと!

画像2: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

もう純粋にワインディングでも走りが楽しいんです。

アメリカンクルーザーとしてはバンク角も深くて、さっきも言った鋭いエンジン特性もあって、想像以上にエキサイティングな走りができます。

画像3: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

ステップ位置もやや高め。マフラーもすこし角度がついていてバンク角を確保。

ちゃんと走るように設計されています。

そこがやっぱりホンダです。

画像4: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

車体側としてはまずワイドなタイヤ。

見た目もカッコいいけど、それよりも穏やかなハンドリングに貢献してくれます

でも重量は軽いから、動きそのものは軽快なんです。

サスペンションは街では乗り心地が良いけど、ワインディングでもしっかり仕事をしてくれます。

画像5: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

コントロール性の高いフロントブレーキで薄くフロント荷重をかけながらバイクを寝かせる。

コーナーの出口が見えたら、スロットルオンで即座に後輪のトラクションを作り出せます。

走りの楽しみかたが、どこまでもスポーティ!

やっぱホンダのバイクはこうだよな!って嬉しくなっちゃいます(笑)

画像6: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

街で乗れば、この新しいスタイルはやっぱり目立つ!

画像7: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

シンプルで綺麗なメーターもおシャレだし、レブル250はスタイルの部分に満足感がすごく高いバイクです。

だけど!

画像8: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

いざ走らせてみると、カッコよさ以上に走りの楽しさがすごい!

だから一気にガツンと好きになる。

そして、それがきっとレブル250をここまでの人気バイクに押し上げた最大の理由!

画像9: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

カッコいい。新しい。運転に安心感があって、250ccだから維持費も安い。

だけど、そこに加えてトドメの一撃。

ものすごくシンプルに、走っているだけで最高に気分がいい!

画像10: アメリカンなのに、ホンダらしさ抜群!

そりゃもう人気爆発が当然の結果でしょう。

カッコよくて、走らせると楽しい。

結局のところ、バイクにそれ以上なんて無いんです。

排気量なんて関係ない。

レブル250、純粋にバイクとして完璧です!

レブル250をもっと詳しく知りたい?

This article is a sponsored article by
''.