CBR400Rの発表会で同時に展開されたのが冒険バイク『400X』です! なんと前後17インチを捨て、フロントに19インチホイールを採用しました! これってつまり、国産400ccクラス唯一のリアル・アドベンチャーバイクが誕生したってことになるのか!?

400Xがオフロード性能を実装!

画像1: 400Xがオフロード性能を実装!

新型CBR400Rがエッジの効いたスタイルとパフォーマンスを手に入れたのと同時に、同じエンジンを採用する400Xも進化。

どっちかっていうと、変化は400Xのほうが劇的かもしれません。

だって、ついにフロント19インチホイール採用です。

これまで400Xは前後17インチホイールで『アドベンチャーバイクの快適さ』と『ロードスポーツの軽快なハンドリング』を併せ持った基本的にはオンロードバイクだったのですが……

画像2: 400Xがオフロード性能を実装!

19インチホイールは間違いなくオフロードを想定しています。

タイヤだってダンロップのアドベンチャータイヤを装着。

製品説明にも

・フラットダートのFUNライディングも可能
・荒れた路面での高いショック吸収性を持つタイヤのチョイス
・オフロード走行に適したブレーキ効力とABSの設定

という文言がありました。

疑う余地はありません。400Xはリアル冒険バイクに進化したんです!

目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

画像1: 目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

とはいえ、ホンダの究極冒険バイクたるアフリカツインほどハード系ではない様子。

でも、これまでオンロード志向だった400Xが、オフロード想定になったことは、個人的にはすごく嬉しいです。

だって、なんといっても400ccですから!

画像2: 目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

ライディングポジションはかなり快適方向。

ご覧のとおり、かなりのボディサイズです。

身長176cmのライダーでも充分に「デカいバイク」だと感じますね。

でも、当然ですけど1000ccクラスに比べれば遥かにコンパクトです!

画像: ライダー身長/176cm

ライダー身長/176cm

ありがたいのは、この良好な足着き性でした。

シート高800mmですが、シート形状の変更で先代モデルよりもさらに安心感が増していると感じます。

画像3: 目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

フラットダートでも何でも、オフロードで咄嗟に足を着ける安心感は計り知れません。

1000ccクラスでグラッといったら、その瞬間に諦めますけど、400Xなら何とかなる気がする(笑)

画像4: 目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

エンジンはCBR400Rと共通です。

最高出力も最大トルクの数値や発生回転数も同じ。

だけど乗ると全然違うらしいんですよ!

画像5: 目指すは中免で乗れるアフリカツイン?

FIセッティングと吸気・排気の見直しで400Xは「余裕ある力強い走り」を信条としているとのこと。

CBR400Rとエンジンは同じでも性格は違うみたいです。

そして、「らしい」というのは、今日はあくまで発表会で乗れないからです。

悔しい……エンジンがかかる実車の400Xが眼前にあるというのに(笑)

400cc以下でロングツーリングに挑戦するなら!

画像: 400cc以下でロングツーリングに挑戦するなら!

1日1000kmを走る。

例えば、そんな冒険ツーリングに挑戦するなら新型400Xは、特に中免ライダーの救世主になるかもしれません。

キャスター角の見直しや、ハイウインドスクリーンで高速道路の快適さも増しているようですし!

それに長距離を走る時は、やっぱり排気量が大きいほうが絶対的に疲れません。

新型CBR400Rも注目度高いですけど、ツーリングライダーは400Xの存在も忘れちゃいけませんよ!

同じエンジンを持つ新型『CBR400R』もスゴい!

ツーリングを愛する中免ライダーの救世主が登場か!?

This article is a sponsored article by
''.