バイクの免許にはたくさんの種類があり、それぞれで運転できる排気量が異なるほか、法定速度が30km/h以下だったり、高速道路の走行ができなかったりなど各種ルールがある。今年こそバイクデビューするぞ!という方はしっかりとチェックしておこう!

どんな免許があるの?

バイクの免許は「原付」「小型限定普通二輪(原付二種)」「普通二輪」「大型二輪」に加え、AT車限定の「AT小型限定普通二輪」「AT普通二輪」「AT大型二輪」の全部で7つの種類に分かれている。

それぞれの免許のルールや該当車種にかかるコストなどを記載するので取得前に確認しておきたい。ちなみに、免許ごとに乗れるバイクは「免許の種類別! ホンダで乗れるバイク超解説!」の記事がオススメだ。

原付免許(50ccまで)

画像: スーパーカブ50・ストリート www.honda.co.jp

スーパーカブ50・ストリート

www.honda.co.jp

年齢:16才以上
法定速度:30km/h
高速道路:不可
車検:なし
軽自動車税:2000円
2人乗り:不可
備考:原付は2段階右折が義務付けられる

気軽にバイクを楽しむのに最適な原付免許。学科試験だけで取得OK!なお、普通自動車免許を持っていれば、原付も乗ることができるぞ。

詳しくはこちらをチェック!

【原付】30万円以下で買えちゃうHONDAのバイクはこれだ!

バイクって高そうって思っている方必見!原付なら実は税抜・30万円以下で買えちゃうものが結構あるんです。こちらを見て夢を広げましょ〜♪

小型限定普通二輪免許・AT小型限定普通二輪免許 (125ccまで)

画像: CB125R www.honda.co.jp

CB125R

www.honda.co.jp

年齢:16才以上
法定速度:60km/h
高速道路:不可
車検:なし
軽自動車税:2400円(90ccまでは2000円)
2人乗り:可
備考:ナンバープレートの色は、51〜90ccは黄色、91〜125ccはピンク(例外あり)
備考2:AT限定はAT車両のみ乗車可

通勤通学などの街乗りに便利な原付二種が乗れる免許。原付との大きな違いは、60km/hまで出せることや2人乗りができることだ。

詳しくはこちらをチェック!

2日で取れるバイク免許「原付二種」とは?! オススメ車両も解説

免許を持っていない方や、まだ高校生ぐらいの皆さんは憧れの免許が欲しいですよね⁉︎ 原付二種が気になっている方にオススメの免許の取り方をご紹介!

普通自動二輪免許・AT限定普通二輪免許 (400ccまで)

画像: CB400 SUPER FOUR www.honda.co.jp

CB400 SUPER FOUR

www.honda.co.jp

年齢:16才以上
法定速度:60km/h
高速道路:可(法定速度は100km/h)
車検:必要(126〜250ccは必要なし)
軽自動車税:6000円(126〜250ccは3600円)
2人乗り:可
備考:AT限定はAT車のみ乗車可

本格的にバイクを楽しみたい方には、高速道路も走れる普通二輪免許がオススメ。排気量250ccまでは車検が必要ないのでバイクを選ぶポイントの1つになる。

詳しくはこちらをチェック!

大型二輪免許(すべてのバイク)・ AT限定大型二輪免許(すべてのAT車)

画像: VFR800F www.honda.co.jp

VFR800F

www.honda.co.jp

年齢:18才以上
法定速度:60km/h
高速道路:可(法定速度は100km/h)
車検:必要
軽自動車税:6000円
2人乗り:可
備考:AT限定はAT車のみ乗車可

大型二輪免許があればすべてのバイク(AT限定はすべてのAT車)に乗れる。 車格やパワーもあるため、まずは普通二輪免許を取得して馴れてからのステップアップがオススメだ。

詳しくはこちらをチェック!

大型二輪免許を取ろう!

「大型バイクに乗ってみたい〜」と考えた、まずは大型二輪免許を取得しなきゃ始まりません。HONDA公式サイトに詳細が出ているので、併せて見てみよう!

まとめ

免許によってさまざまな特徴がある。自分がどんなバイクに乗りたいのか、どんなシーンを思い描いているのかをよく考えた上で免許を取りに行こう!

併せて読みたい

バイクの免許を取るならココだ!

「バイクの免許が欲しいなぁ…」と考えているみなさんに、東京23区のオススメ教習所をご紹介!

This article is a sponsored article by
''.