前編では主にバイク初心者にとってCBR400Rってどうなの?ってことをお伝えしましたけど、今度はその逆。バイクに乗りなれたベテランライダーはCBR400Rってどう感じるのか? そのあたりをいろんな角度から考えてみましょうか!

CBR400Rはかなり『おトク』な400ccバイクです!

画像1: CBR400Rはかなり『おトク』な400ccバイクです!

CBR250RRに負けないエッジの効いたスタイリングに400ccのエンジン。

CBR250RRよりもひと回り大きくて堂々とした車体。

なのに現実としてABS搭載モデルで比較するとCBR400Rのほうがお値段がロープライス……

いや普通、逆でしょう(笑)

じゃあ値段が安いぶん装備が安っぽいかと言うと、それがそうでもない……

デザインも含め、装備品の高級感だってパーフェクト。

大人が乗っても恥ずかしくない仕上がりの400ccフルカウルスポーツです。

画像2: CBR400Rはかなり『おトク』な400ccバイクです!

CBR250RRには無いフロントのプリロード調整機構も備えています。

画像3: CBR400Rはかなり『おトク』な400ccバイクです!

マフラーも太くて存在感あるし、サウンドも重厚。

正直言って、パッと見の外観においてチープさは皆無です。

じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

画像1: じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

となると、経験豊富なライダーにとって気になるのは走行性能ですよね。

値段が安いぶん、走りがタルいのか?

でもボクとしては、普通に走るぶんには十分以上にスポーティな性能を備えていると感じています。

間違っても『遅い』とは思いません。

画像2: じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

だってね、このバイクはホンダの『CBR』ですから。

ちゃんとロードスポーツとしてのパフォーマンスは標準装備で搭載されているんです。

CBR250RRっていう超ストイックな250ccスーパースポーツがあるせいで、誤解を招きやすい部分があるのは否めませんけどね……

でもだからって、CBR400Rの最高出力46馬力をフルに使い切って走れるか?と言われればボクには無理!

画像3: じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

だって最高出力46馬力っていうのは、クローズドコースに持ち込めば最高速で180km/hくらいは出ちゃう動力性能ですから。

その速度を完全にコントロールできるなんて到底思えません。

確かにサーキットでひとつのコーナーに的を絞って攻めるならCBR250RRのトータルパフォーマンスに、CBR400Rは一歩譲るかもしれません。

でも普段からサーキット走らないですよ、普通は(笑)

画像4: じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

そしてワインディング、ボクたち一般のライダーが走るステージで話をするなら、CBR400Rはけっこう侮れないんです。

比較としてのCBR250RRは最高出力38馬力を12500rpmで発生。最大トルク23Nmは11000rpmで発します。

ぶっちゃけ、この高回転を常にキープするのはかなりの技術が必要かと。

それに対してCBR400Rは最高出力46馬力を9000rpmで発生。最大トルク38Nmは7500rpmの低さで発生します。

画像5: じゃあCBR400Rの走りってどうなの?

正直、同じくらいの技術のライダーなら超タイトな下りの峠道でもない限り、引けを取ることはそうそうないと思います。

コーナーの突っ込みで少しばかり譲っても、わずかなストレートがあればパワーでねじ伏せられる。

絶対的に排気量に依存するトルクの強さ。そして、その発生回転数の低さ。

イージーに、スロットルオン一発で帳消しです。

150ccぶんのパワー差って、それくらいには大きいですから。

上りのワインディングなら、その差はさらに大きくなるでしょうし……

This article is a sponsored article by
''.