今回走ったのは一般道だったから……自制しました。ものすごく自制した! でもこれがサーキットだったら、たぶんあっさりヒザが路面に届きます。恐るべきはそのトータルバランス。CBR650Rに乗れば『ヒザ擦り』はきっと、もっと身近になる?

いきなり『運転が上手くなった!』と勘違いしそう

画像: いきなり『運転が上手くなった!』と勘違いしそう

ある意味ヤバい。ヤバ過ぎでしたCBR650R。

適度にスポーティさを楽しむつもりで走っていても、バイクがどんどん深くバンクしていくんです。

しかも、それがまったく『普通のこと』みたいに感じられる。

……今回はかなり自制して走りました。

だってそうしないと、常識的な範囲をすぐに超えてしまいそうなんです!

CB650Rの時から、うすうす感じていた

<CB650Rの記事はこちらからどうぞ>

以前、同じ車体とエンジンを持っている兄弟車、ネイキッドのCB650Rに乗った時に書きました。

『コーナリング超ヤバい!』

そのヤバさが、CBR650Rは3割増しなんです。

画像1: <CB650Rの記事はこちらからどうぞ>

ワインディングを走り始めると、すぐにペースが上がっていきます。

身体や感覚を馴染ませるプロセスがほとんど無し。

ひとつ目のコーナーから、いきなりスコーンッ!とコーナーを駆け抜けるんですよ。

「あ、コレ逆にヤバいやつだ」と秒で脳みそが理解しました。

画像2: <CB650Rの記事はこちらからどうぞ>

CBR650Rは最上級スーパースポーツCBR1000RRや、ライトウェイトスポーツCBR250RRと違って『RR』じゃありません。

ものすごく上手いライダーが乗ってサーキットを本気で走ったら、それら『RR』はきっと速いんでしょう。

でも個人的に言っておきたいのは……

CBR650Rけっこうスゴい!

っていうこと!!!

This article is a sponsored article by
''.