今回走ったのは一般道だったから……自制しました。ものすごく自制した! でもこれがサーキットだったら、たぶんあっさりヒザが路面に届きます。恐るべきはそのトータルバランス。CBR650Rに乗れば『ヒザ擦り』はきっと、もっと身近になる?

あくまで『仮定』の話ですが

画像1: あくまで『仮定』の話ですが

走るれば走るほどに自在感が増してきて『あ、コレはあと一歩踏み込んだらヒザが路面に当たるな』と直感的にわかります。

なのにライダーとしては余裕たっぷり。

この感覚はとても大事で『今どれくらいバンクしているか』を体感しにくいバイクは、いきなり足元をすくわれて転んだりします。

そういう面でもCBR650Rは優秀でした。

画像2: あくまで『仮定』の話ですが

ちなみに大前提の話として一般公道でヒザ擦り走行は危ないのでダメ!です。

ボクが腰をズラしたライディングフォームで走るのは、単純に重心を低くできて安定感を作りやすいから。

別にヒザが擦りたい訳じゃないんです。

ぶっちゃけ言うと、このほうが怖くないしラクだから、です(笑)

でもこれがグリップ力の強いサーキット路面だったら……ヒザ擦りなんてたぶん余裕。

誤解を恐れずに言えば「最近乗った中で、最もヒザ擦りがしやすいバイク」だと感じました。

画像3: あくまで『仮定』の話ですが

その理由はいくつも複合的ですけれど、まずはこの車体のコンパクトさ。

跨った感覚はほとんど400ccクラスです。

このサイズがまず、走る際の『手に負えない感』を感じさせません。

画像4: あくまで『仮定』の話ですが

そして低すぎないセパレートハンドルの具合も最高です。

前傾姿勢が強すぎることもないので『こんなバイク乗れないよ!』っていう恐怖感も湧きません。

画像5: あくまで『仮定』の話ですが

そしてシートですが、CB650Rと共通デザインなので、ちょっとココだけフルカウルスポーツっぽくない印象ですよね。

でもシートの作りはやや硬めのスポーツ志向。

ここ、CBR650Rの見た目に騙されてはいけない部分です。

快適さよりもライダーが路面を感じやすいように。

そしてコーナーで身体をホールドしやすい形状になっています。

画像6: あくまで『仮定』の話ですが

滑りにくい金属のステップ位置もやや高め。

ステップが高すぎて窮屈なほどではありませんけど、ツーリングも快適!みたいな位置ではないと思います。

ただしスポーティに走るぶんには、これらハンドル、シート、ステップの配置が絶妙!

画像7: あくまで『仮定』の話ですが

バイクをまるごと抱え込むようなライディングフォームが自然に作れるんですよ。

気が付くとヘルメットのアゴ部分をタンクにぶつけるくらい低い姿勢がとれる。

車体とひとつになっている感覚がとにかく強い!

きちんと車体をホールドできているから、バイクを深く寝かせても怖さがないんです。

画像8: あくまで『仮定』の話ですが

そこに加えてCBR650Rは、車体のバランス感がすごい。

ここはもうホンダの技術力、という魔法がかかっているとしか思えません。

650ccの排気量が生み出すエンジンの力強さと、やや硬めにセットされたリアサスペンションは、スロットルONで明確に後輪の接地感を感じさせてくれるし

画像9: あくまで『仮定』の話ですが

それ以上にありがたいのが『常にフロントタイヤの存在が消えない』こと。

フロントはリヤに比べてすこし柔らかめな印象ですが、頼りないレベルではありません。

もし贅沢を言うならフロントフォークのプリロード調整機構があると、さらにスポーティな走りが楽しめるかも?

なんて思いましたが、気になったのはその程度です。

CBR650Rは間違いなくホンダの『CBR』です!

画像: CBR650Rは間違いなくホンダの『CBR』です!

日本のワインディングにおいて、CBR650Rを走らせて、そのスポーツ性能に不満を感じるシーンはほとんど無いと思います。

最初にも言ったけれど、むしろ自制心が問われることのほうが多い。

公道だけじゃなくサーキットも走ったら、CBR650Rはもっと楽しめると思います。

そして同時に、ライダーをもうひとつ上の世界にステップアップさせてくれるバイクだと感じました。

CBR650Rは『憧れ』を叶えてくれる

むかし、サーキットでヒザを擦ってコーナーを駆け抜けるライダーに憧れていた時期がありました。

どうしてもヒザ擦りができなくて、でもそれができるようになりたかった。

速く走るよりも、とにかくヒザが擦りたい!

だってカッコいいんだもん(笑)

画像: CBR650Rは『憧れ』を叶えてくれる

あの頃に、このCBR650Rあったら……ボクの憧れはもっと早く叶っていただろうナァと思います。

650ccっていう排気量は中途半端?

RRじゃないから本気でサーキットを走ったら遅いかも?

そんなこと、どーだっていい!

このバイクは走る楽しさと、操る喜びの塊です。

そういう意味で、これは間違いなくホンダらしいスポーツバイク。

CBRの名前は伊達じゃないってことですよ!

後編/CBR650Rをツーリングに使ってみた!

画像: 後編/CBR650Rをツーリングに使ってみた!

スポーティなキャラだからツーリングはきついのか?

後編はガッツリ距離を走って、燃費もチェックしてみました!

後半は明日(2019年10月28日)正午に公開!お楽しみに。

This article is a sponsored article by
''.