アドベンチャーバイクの風雲児アフリカツインが1100ccに生まれ変わります!新型はスゴい。前後電子制御サスペンションまで用意されてる。でも、ひとつだけ問題も。そこで考えると現行『アフリカツイン』っていいよなぁ……って思ったりしませんか?

これが新型アフリカツイン/CRF1100Lになると……

画像: CRF1100L

CRF1100L

こちらが新型アフリカツインですが、同じくアドベンチャースポーツですと

今回の目玉とも言える電子制御サスペンションが装着された場合は194万7000円となります。

その差、実に36万1900円……ていうか、もう200万円のバイクって印象ですね。

電子制御サスが未装着なら180万4000円。差額は21万8900円。

だいぶ抑えられるけど、せっかく新型1100アフリカツインに乗るなら、やっぱり電子制御サスは欲しいところ……

画像: これが新型アフリカツイン/CRF1100Lになると……

それによく見ると、現行モデルで標準装備のフロントサイドパイプも別途オプションになるみたい?

万が一の転倒ダメージを軽減してくれるのも嬉しいし、何よりコレ、かっこいいんですよね。

強そうだもん!

現実的な『夢』として

いやね、新型を否定するつもりは全然ないんです。

新型は電子制御サスを抜きにしても慣性センサーに六軸IMUが採用されて、コーナリングABSが搭載されたのは最高だと思う。

クイックシフターも装着できるし、ウイリーコントロールも搭載。コーナリングライトまでついてきます。

きっと最高の仕上がりになると思います。

だってホンダの新型だもんね!

悪くなるイメージなんて1ミリも持てません。

画像: 新型1100ccのエンジン/MT仕様

新型1100ccのエンジン/MT仕様

期待の1100エンジンだってピークパワー発生回転数を7500回転としたままで7馬力アップ。

最大トルク発生回転数は250rpm上がってるけれど、最大トルク値も上がっているから良さそうに思えます。

次の排ガス規制(EURO 5)がめちゃくちゃ厳しいっていうのに、特にこの『トルク』を犠牲にしない配慮と技術力が本気でスゴい。

しかも、排気量アップしてるのに、重量も5kgくらい軽くなってるし……フロントサイドパイプのことを差し引いても驚きです。

だけど……

だけどさっ!

ざっくり200万円って言われると、ちょっと遠くに感じちゃうんですね。

画像1: 現実的な『夢』として

もちろん158万円だって立派に高級車だけど、

気分的な問題だけかもしれないけど、

……なんだか夢があるんですよ。

がんばれば買えるかも、って。

まだ新型は(当然だけど)発売前で乗ったことはないんだから、その価値がどういうものかはわかりません。

値段が高くなったってだけで、否定はしたくない。

でも、だからこそ今、最後にもういちどCRF1000Lに乗ってみるのです!

画像2: 現実的な『夢』として

ちなみにっ!

1000ccのアフリカツインは2019年10月で既に生産終了しています。

新車は市場在庫のみ。

そこに駆け込む価値はあるのか?

わりと、ぶっちゃけてますので『後編』もよろしくお願いします!

新型と旧側で『変わらないもの』があるんです!

《後編はコチラから!──いま買っても『損はしない』と言い切りたい》

This article is a sponsored article by
''.