先日オーストラリアラウンドで開幕した、SBK(世界スーパーバイク選手権)を戦うホンダ製スーパースポーツモデル、CBR1000RR-R FIREBLADEとそのSPモデルの価格および発売日が明らかになりました!

なお、正式な読み方は「アールアールアール 」です!?

ホンダが誇るMotoGPマシン、RC213Vと同じ内径・行程を採用した999cc新型エンジンを、ウイングレット付きフェアリングを備えた車体に搭載したCBR1000RR-R FIREBLADEですが、日本での正式な車名の読みは・・・トリプルアールではなく、既報のとおり「シービーアール1000アールアールアール ファイアブレード」となります。舌を噛みそうになる方もいらっしゃりそうですが、そこのところよろしくお願いいたします!?

画像: スタンダードモデルは2つのカラーバリエーションを用意。こちらは引き締まった印象を見る者に与える、マットパールモリオンブラックです。 www.honda.co.jp

スタンダードモデルは2つのカラーバリエーションを用意。こちらは引き締まった印象を見る者に与える、マットパールモリオンブラックです。

www.honda.co.jp
画像: こちらはホンダ伝統のグラフィックといえるトリコロールの塗り分けの、グランプリレッドです。 www.honda.co.jp

こちらはホンダ伝統のグラフィックといえるトリコロールの塗り分けの、グランプリレッドです。

www.honda.co.jp

発売は3月20日(金)、そして気になる価格は・・・?

画像: CBR1000RR-R FIREBLADE SP(シービーアール1000アールアールアール ファイアブレード エスピー)は、パッと見ではスタンダードとの違いを見分けられない方もいらっしゃるかも? SPはオーリンズ製電子制御サスペンション、ブレンボ製フロントブレーキキャリパー、軽量なリチウムイオンバッテリー、そしてクイックシフターを標準で装備しているのが特徴です。 www.honda.co.jp

CBR1000RR-R FIREBLADE SP(シービーアール1000アールアールアール ファイアブレード エスピー)は、パッと見ではスタンダードとの違いを見分けられない方もいらっしゃるかも? SPはオーリンズ製電子制御サスペンション、ブレンボ製フロントブレーキキャリパー、軽量なリチウムイオンバッテリー、そしてクイックシフターを標準で装備しているのが特徴です。

www.honda.co.jp

スタンダードモデルのCBR1000RR-R FIREBLADE、そしてCBR1000RR-R FIREBLADE SPはともに3月20日より発売。なおCBR1000RR-R FIREBLADEは2,420,000円、SPは2,783,000円(ともに税込価格)という価格設定になります。

最高出力218馬力のスーパースポーツモデルを300万円未満の価格で購入できる・・・そのパフォーマンスをフルに活用できるのはサーキットくらいですが、フラッグシップモデルならではの高品質な作り込みの良さは、当然市街地や峠道を流すペースで走っても感じられるはずです。

CBR1000RR-R FIREBLADEおよびSPを手に入れたい方は、今すぐに全国のホンダドリーム店へダッシュで向かいましょう!

This article is a sponsored article by
''.